加害者や単独(自損)事故での治療

​こんな事でお悩みありませんか?

加害者だけどケガをしてしまった

単独(自損)事故でむち打ちなどケガをしてしまった

通院で仕事に影響がでないか心配

病院以外での事故専門治療を受けてみたい

ケガの治療に関して相談したい

単独(自損)事故で保険を使えるか知りたい

加害者となると警察との対応がわからない

自分の保険だが病院・接骨院で併院し治したい

A.T.長島治療院では加害者や単独(自損)事故の方でも専門治療を受けられます!!

 交通事故を起こしてしまい、加害者という立場では「交通事故治療を受けることができない」と思いの方はいるのではないでしょうか? 他にも被害者か加害者かはっきりしない場合や、単独事故(自損)でケガをしてしまった時などでも交通事故治療を受けることが出来ます。

被害者の場合

相手がいる事故で被害者の場合、相手の自賠責保険を使い治療が行えます。

加害者の場合

相手がいる事故で加害者の場合、一旦ご自身の人身保険を使い受診・治療が出来ます。

被害者or加害者かハッキリしない場合

加害者の場合と同じように、一旦ご自身の人身保険を使い治療を開始することが出来ます。

治療費は人身保険で立て替えますが、被害者と認められると相手の自賠責保険に切り替えることができ、自賠責保険としての支払いを受けられます。

単独(自損)事故の場合

対物保険は別ですが、ご自身の人身保険を使い治療を行えます。

ご自身の人身保険を使い治療を行うと保険等級が下がるのでは?と考える方も多いと思います。患者様ご自身の人身保険を使っても保険等級は下がりません。

これがたとえ単独(自損)事故だとしても同様に、人身保険で治療していくことをオススメします。

人身保険を使っても保険等級は下がらないので、安心してお身体の回復に専念しましょう。

また、単独(自損)事故の場合は加入している保険会社様に連絡されると思います。そしてA.T.長島治療院に通院する事を伝え、ご来院されたらきちんと治療をさせて頂きます。ここでもご自身の人身保険を使います、保険等級は下がらないのでご安心ください。

 

まずは早めに医療機関に受診しましょう!

保険のことでためらってしまい受診を先延ばしにすると、患者様に不利益な事になりかねません。受傷後から約1週間以上期間が経ってしまうと、怪我をされた部位が事故との因果関係が認められないこともあります。接骨院と病院や整形外科との併院は可能ですので、まずは整形外科で医師による診断書をもらうところまで済ませましょう。接骨院でのリハビリ治療は診断書を貰ってからで構いません。

もし保険の流れが分からなくてご不安であれば、A.T.長島治療院にご連絡・ご相談ください!治療はもちろん今後のプラン、対応について丁寧に説明させていただきます。当院では信頼のある整形外科にもご紹介できますのでご安心ください。

交通事故に遭いむち打ち症になることは、一生に一度あるかないかの大きな出来事です。人生の一大事なのに治療を疎かにし自分の身体を考えないのは、自分の未来が暗いものになると考えてください。今をしっかりとケアする事が将来の明るい未来へと繋がります。

 

患者様が「治療ができない」とならないよう、当院ではアドバイスさせて頂きます。

患者様によっては人身保険を使う場合や健康保険を使ったりと、様々なケースがあります。

手続きが面倒になり、痛みがあるのに治療をしないという事態だけは避けてください。

面倒な保険の対応なども実際にしてみると簡単なことです。難しい保険の内容や事故治療の内容に関しては当院で簡潔に説明させていただきます。

今をしっかりとケアする事が将来の明るい未来へと繋がります。

このような事でお悩みの場合は、一度A.T.長島治療院へご相談ください!

​交通事故相談窓口
守口LINE ID
@mjh2626q
北浜LINE ID
@lle5556h
枚方LINE ID
@mos1332z
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now