満足に通院できない患者様へ

​こんな事でお悩みありませんか?

交通事故の治療期間で症状が改善されなかった

忙しくなかなか通院出来ない

日常生活で痛みがあり症状が改善出来ていない

現在の治療プランがベストなのかわからない

治療期間が長く損保会社から治療終了を煽られた

痛みがあるが通院したいと思わない日が多々ある

「むち打ち」ぐらいでと言われ周りの目が気になる

通院したいが時間が確保できない

治療のための時間は積極的に作りましょう!

通院が出来ない理由として、「忙しく通院できない」とか、「空いている時間がある時に」と言われる方がいらっしゃいます。しかし、治療のための時間は「できる」ものではなく、自分で積極的に「作る」ものなのです。

仕事を優先しすぎることで、通院をせず治らなくても会社はあなたを助けてくれません。身体が健康であり、日常生活が以前のように行うことができればお金は後からでも稼ぐことは可能です。もし時間を作らず通院出来ないとなれば健康状態も悪く仕事にも影響が出てしまうことは目に見えています。目先の忙しさを優先するのではなく、長期的なことを考え自身の健康を最優先に考えましょう。

長島治療院では整形外科のご紹介も可能です。長島治療院とお医者様で連携してあなたにとってのベストプランを提供し、一日も早く日常生活、仕事への復帰をサポートさせていただきます。

交通事故でのむち打ち症、ご自分をいたわって下さい

交通事故に遭いむち打ち症になることは、一生に一度あるかないかの大きな出来事です。人生の一大事なのに治療を疎かにし自分の身体を考えないのは、自分の未来が暗いものになると考えてください。今をしっかりとケアする事が将来の明るい未来へと繋がります。

通院ができるできないは別として、もしも治療から示談までの流れでどうしてもご納得がいかないときは、長島治療院とつながりのある弁護士や行政書士をご紹介します。後で治療しておけば良かったなど後悔しないようにしっかりと治したいが示談の話しをされたなどそのようなご相談もお受けいたします。

示談後に万が一後遺症状のようなものが残ってしまった時の為に、治療でかかるであろうある程度のご自身の負担金・・・

つまりあなたのための治療費を確保しておくのも一つの手段でなのです。

 

後遺症を残さないためのポイント

交通事故に遭ってしまった際は、家族や職場の方たちにまず伝えておくことが大切です。例えば事故処理で警察に出頭することがあったり、損保会社の担当者さんとのやりとり、病院に行って診断書を書いてもらったりと日中時間を割くことが出てくるでしょう。

ケガの事を周囲の方に報告していないと勤務怠慢や仮病と勘違いされ都合が悪くなるかもしれません。手続きや通院など、仕事への影響が出てしまい悩む方は多くいらっしゃいます。しかし仕事を優先し過ぎて治療を怠ると悪循環です。早めに上司や同僚に報告・相談し、行動しやすい環境を作っておくことが大切です。

また、ご家族へのご理解も同じです。何かとやることが多い方はご自身のお時間を犠牲にして毎日を過ごされていると思います。「一日」のやることを見直すと、ご自身の時間が作ることが難しくなってしまうかもしれません。家族の方へきちんと説明し代わりに出来そうな事があれば協力してもらいましょう。家族の方もあなたの身体が大切だと思い協力してくれるはずです。

スケジュールを良く見直してみると、家族や職場の方に手伝ってもらえたり効率良く行うことであなたの時間も少しだけ作ることができるかもしれません。始めのうちは慣れず難しく感じてしまうかもしれませんが、明るい未来を作るために時間を作ることが大切です。時間を上手く使う事で人生も変わってきます。自分の身体を考え時間を作っていきましょう。

​交通事故相談窓口
守口LINE ID
@mjh2626q
北浜LINE ID
@lle5556h
枚方LINE ID
@mos1332z
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now